食品関係膜システム

膜を利用することにより、様々な分離・精製・スクリーニングが行えます。
マイクロフィルトレーション膜(MF)、限外ろ過膜(UF)、ナノフィルトレーション膜(NF)、逆浸透膜(RO)等の分離性能により、精製、濃縮等が可能です。
ジュースの清澄化では、UFによりジュースの色成分を分離・脱色することができます。また、NFとROを組み合わせてジュースの糖度を4.5%まで濃縮することが可能です。
牛乳の濃縮ではUF膜を利用するとカゼイン等が濃縮され、ホエー成分が透過されます。

システム適用例

システム適用例
  • ジュースの清澄化、濃縮
  • ホエーの濃縮、脱塩
  • 生乳の無菌ろ過
  • ワインの澱下げ
  • コンドロイチンの精製濃縮
  • 糖の分離・精製
  • 醤油の減塩

ビールの酵母ろ過

ビールの製造工程

ビール製造のろ過工程において、従来ケイソー土等をプレコートしたろ過方法が採用されてきました。しかし、最近エコが叫ばれる中、産業廃棄物が問題となってきています。岩井ファルマテックでは、ビール製造のろ過全般に対し最適なセラミック膜システムを提供しています。

セラミック膜の特長

1.優れた耐熱性
・120℃以上のスチームに対応

2.優れた化学的強度
・pH 0~14 に対応可能で、繰返薬液洗浄が可能

3.優れた機械的強度
・耐摩耗性に優れているため高粘性・スラリー液に対応可能
・加圧逆洗が可能なので安定した透過速度の確保が可能

4.優れた膜ライフ
・メンテナンスコストの低減

ヒアルロン酸の精製

培養法によるヒアルロン酸の製造工程

ヒアルロン酸製造の精製工程での清澄化において、通常のMF膜ではヒアルロン酸が阻止されてしまい清澄ろ過が不可能でした。岩井ファルマテックでは、Sub-criticalセラミック膜を採用することで、ヒアルロン酸製造の【精製】に最適なシステムを提供することに成功しました。

セラミック膜の特長

1.優れた耐熱性
・120℃以上のスチームに対応

2.優れた化学的強度
・pH 0~14 に対応可能で、繰返薬液洗浄が可能

3.優れた機械的強度
・耐摩耗性に優れているため高粘性・スラリー液に対応可能
・加圧逆洗が可能なので安定した透過速度の確保が可能

4.優れた膜ライフ
・メンテナンスコストの低減

5.優れた分離性能
・サブミクロンのオーダーで高分子物のろ過が可能

Sub-Criticalろ過の優位性
Sub-Criticalろ過の優位性
ページTOPへ